フェンス DIY

楽しいフェンスのDIYの魅力の紹介

住宅地では美しい外観の住まいづくりをしておくと、防犯効果が高いメリットも得られます。見た目が美しいと、不審者が敬遠するからです。一戸建ての場合は敷地面積に対する配慮がポイントで、隣接する土地や道路との境界線上に、フェンスを設置するのが理想的です。美しいデザインだけでなく、スタイリッシュであることや、目隠しの効果が得られることも重要です。完全に視界を遮断してしまうと、身を隠せる盲点のエリアになってしまいますから、できるだけお洒落に透けた感じを演出できるほうが良いでしょう。お洒落に透けた感じと言うのは、適度な隙間があると解釈してよいので、DIYにも最適です。完璧に仕上げようと考えなくても、お洒落のポイントをおさえておけば、窮屈な感じにならずに済みます。空間の演出としても機能させられます。

フェンスがあるからこその美観のメリット

自分の住まいの敷地と、隣接する土地との境界線上は、形のある区切りがあると防犯効果につながります。完璧すぎる塀では圧迫感や窮屈さが出てしまいますし、地震の時に倒壊する危険性もありますので充分な配慮が必要になってしまいます。フェンスであれば軽量の鉄骨など、倒壊の心配がありません。隙間の間隔ですが、細めのタイプから太めのタイプまで幅広い選択肢があります。人の出入りを阻止するためであれば、太い間隔でも機能します。猫が通り抜けられるかどうかを基準にする方法もあります。猫が通り抜けても良いのであれば、相応の間隔を維持しながらDIYで施工すると良いでしょう。完成品もありますので、自分で気にいった幅と色で選んで境界線上に施工しましょう。仕上げにコンクリートで固めれば丈夫になります。

DIYは良質の製品を低予算で購入できるチャンス

ホームセンターやメーカーの展示販売場では、お買い得で入手できる場合があります。あらかじめ自分の住まいの土地を計測しておくのがポイントです。計測ポイントは、はみださないように限界値を求めておくことです。わずかな部分でも、境界線上から出てしまうと施工できません。業者は道具を使用して切断も可能ですが、DIYの場合は正確な計測と適切な製品とを組み合わせるのが施工のコツです。計測が正確ならば、美しく仕上がります。お洒落の基本は、隣接する土地や道路とぎりぎりに設置するのではなく、やや引き気味に自分の住まいに寄せるように、やや小さめに設置することです。フェンス沿いに生垣を植栽すれば、外観を微調整できます。隣接する土地や道路に、はみださないように施工しましょう。

一流メーカーのアイテムばかりで品質、施工後の保証も充実しているガーデンエレガンスをどうぞ! 水曜定休日の10:00~18:00が営業時間になっております。 見積もり無料なので、お悩みなどガーデンリフォームのお悩みなら何でもご相談ください! 確かな技術があるがガーデンリフォームをお考えならガーデンエレガンスが大変おすすめになっています。 京都のガーデンエレガンスで犬の庭用フェンスを探そう